学校紹介

総合学科


1総合学科とは

 これまでの高等学校の学科では,普通科と専門学科(商業・工業等)のニ学科に区分されていました。生徒一人ひとりの豊かな個性を大切にし,学びたい科目を自分で考え選択できるように,新たな学科として「総合学科」が誕生しました。
 総合学科では,自己の将来について深く考え自分で将来の進路を決定していきます。いろいろな目標を持った生徒が,多数の教科・科目の中から,自分の興味・関心・進路希望に基づいて,自分で選んで学習することができます。したがって,卒業後の進路は進学や就職などさまざまな方面にわたります。自分が何をやりたいのか,自分はどんな職業に向いているのか,自分には何ができるのかをじっくり考えながら将来の道を自分で探して決定していきます


ページの先頭へ戻る

2総合学科の特徴

(1)いろいろな目標を持った生徒の進路を実現します
  普通科目とさまざまな分野の専門科目を選択科目として設定し,その中から自分の進路に応じた選択ができます。生徒一人ひとりが,自分の希望に応じた科目を選択していけば,就職から専門学校・短期大学・四年生大学までの進路が実現可能になります。

(2)自分の進路,生き方をみつめることができる学科です
  1年次に「産業社会と人間」という科目を開設し,いろいろな職業や産業について学びます。職場見学・職場体験実習,社会人講師等を招いての講演などを通し,自分の適性を考えていきます。より具体的に自分に適した職業は何か,自分の勉強したい専門分野は何かをみつけていきます。2年次では総合的な学習の時間である「自己探求(E-DOT)」でも,自分の進路,生き方について考えていきます。

(3)科目選択や進路選択のガイダンスを充実させています
  「自己探求(E-DOT)」の中で,またLHR等を通して,科目選択についてのガイダンスを徹底的に行って,自己の進路への自覚を深めます。

(4)自分の時間割がつくれます
  3年間で約半分の授業が選択授業となります。
  選択科目は,普通科目と専門科目,あわせて120科目以上が用意され,その中から学習希望や進路実現に必要な科目を選択することができます。ただし,選択群を設定しますので,いくらか制限があり,自分の希望する科目すべて履修できるとは限りません。

(5)「生きる力」を育てる学科です
  自主的・主体的に学習を進めることを通して,実践的・体験的な力や問題を解決する力・情報を活用する力・自己を教育する力が身につきます。

(6)体験的学習を中心とした楽しい授業をめざしています
  実験・実習・スポーツ等の体験学習を積極的に取り入れることで,また,生徒の個性を生かし,生徒の主体的な学習を通して,自ら学ぶ意欲や態度を養います。

(7)自分をとりまく社会の現状に目を向け,地域との関わりを考えます
  地域の歴史・文化・産業に関する科目を設定し,地域から人材を求めて,教育活動に参加してもらうことによって,生徒と地域とのつながりを深め,自ら進んで地域社会につながっていけるような人間をめざします。


ページの先頭へ戻る