学校紹介

沿 革

戸手商業高等学校 至誠高等学校
大正 6.4.
    元・品治高等小学校跡,(現在の芦品
    まなび学園高等学校の位置)に芦品郡
    立蚕業講習所を設置。
大正 9.3.
    芦品郡立広島県実業学校設立許可,
    定員100名。修業年数2ヶ年。
大正12.4.
    県に移管,広島県戸手実業学校と
    校名変更。
昭和19.4.
    国民学校初等科6年修了を入学資格
    とする5年制農業学校設置。
昭和23.5.
    新学区制により広島県戸手高等学校
    を創設,定員400名。
昭和24.4.
    高等学校再編制により広島県戸手高
    等学校を創設,全日制普通科,生活科,
    農業科及び定時制普通科をもつ,
    男女共学の総合制高等学校となる。
    定員600名。
昭和32.3.
    定時制課程の生徒募集を停止。
昭和37.3.
    農業科の生徒募集を停止。
昭和38.3.
    普通科,家政科の生徒募集を停止し
    商業科のみの募集。
昭和39.4.
    定時制(普通科・夜間)設置。
昭和40.4.
    広島県戸手商業高等学校と校名変更。
昭和43.10.
    広島県立戸手商業高等学校と校名
    変更。
平成 6.4.
    情報経営科を設置。
    商業科にOAビジネスコース,
    会計コースを設ける。
昭和 9.4.
    出原安太郎,実業界に役立つ有意な
    青年を養成する目的をもって,新市町
    に修業年限1年,無月謝,無休暇の
    財団法人「至誠塾」を設立。
昭和15.4.
     「至誠塾」を「至誠塾青年学校」と改称。
    男子教育のみでなく女子教育の重大性
    にかんがみ,女子部を併設。
昭和18.4.
    女子部を改め,「至誠興亜女学校」
    (修業年限2年)設置。
昭和19.5.
    現在地に校舎を新築。
昭和21.4.
    「至誠高等女学校」(修業年限4年)
    設置。
昭和22.4.
    「至誠女子中学校」を併設。
昭和24.4.
    「至誠女子高等学校」(普通科.
    家庭科)と改称。併せて別科を併設。
昭和26.3.
    財団法人を「学校法人至誠学園」に
    改組。
昭和28.3.
    至誠女子中学校募集停止。
昭和43.2.
    講堂兼体育館を新設。
昭和48.4.
    商業科・家庭科の募集を停止。
昭和50.4.
    県立移管し,広島県立至誠高等学校を
    開校。
昭和61.8.
    格技場を新設。
平成 9.4.
    普通科を募集停止,総合学科を設置。
戸手高等学校
    平成10.4.  両校を統合する。広島県立戸手高等学校と校名変更。
            全日制総合学科6クラス,夜間定時制1クラスを募集。
   
    平成11.8.  第一期工事完成(管理棟)。
   
    平成12.4.  定時制課程は独立し、全日制のみとなる。
   
    平成13.9.  第二期工事完成(特別教室棟)。
   
    平成14.5.  校舎落成記念式典を行う。モニュメント「飛翔Ⅲ」設置。
   
    平成21.3.  屋内運動場兼講堂改築工事。

    平成22.2.  屋内運動場兼講堂落成,戸手商高・至誠高統合10周年記念式典。

    平成23.4   グラウンド改修工事完成。


    平成29.10  100周年(統合20年)記念式典・記念演奏。
歴代学校長
             初代   山口 昌宏   平成10年4月 ~ 平成13年3月
             2代    松本 満之   平成13年4月 ~ 平成15年3月
             3代    間東 斉    平成15年4月 ~ 平成18年3月
             4代    桒田 泰秀   平成18年4月 ~ 平成22年3月
             5代    黒木 巖    平成22年4月 ~ 平成26年3月
             6代    藤田 知久   平成26年4月 ~ 現在
ページの先頭へ戻る